Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//仕事はプロフェッショナルである「べき」

アンガーマネジメント

仕事はプロフェッショナルである「べき」



ある企業さんに変更届を郵送しました。
数日して、その企業の事務ご担当者さんが私に電話をしてきました☎️

「変更届をご郵送頂き有難うございます。
一か所未記入の箇所がございましたので、どういたしましょうか?
ここも変更されますか?」と🖋

私は、「すみません、そこも記入するところなんですね。知りませんでした。
すみませんが、書いておいていただけますか?」✒️

すると事務さんが、「いいえ、書いていただかないとダメなんです。
どうしますか?」

「そうしたら、●●●●●●●と書いておいてもらえますか?」


すると事務さんが、「いいえ、書いていただかないとダメなんです。
どうしますか?」

あれ?同じ返事?
?????
「ではどうしたらよいのですか?」とたずねると事務さんは「書いていただかないとダメなんです」の一点張り。?????
電話では書けないし、この事務さんは何が言いたいんだろう。

で私は、「ではその変更届を返して頂けますか?
電話では書けないし、あなたがその用紙を持たれていると書けないので」とお伝えしました。

結局は、返却頂き再度提出することになりましたが、
少しイライラするやり取りです💢

この事務さんは、記入は提出者が書くべきで
未記入があればそれを伝える役に徹しています。
仕事に徹する真面目なんです。でも頭が固いのか、その対処方法が出ない方なんでしょうね💦

私は、
「手続きが遅れるのでサービスとして事務さんが書くべき」
「会社のシステムがわかっている事務さんは
的確な指示をお客様に出すべき」
などわたしの仕事に対する『べき』があって、それが目の前で裏切られたので
イライラしたのです。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



「この一言さえ言わなければよかった・・・」
「これさえ言っとけば、こんなことにならなかったのに・・・」
なんてありますよね。
怒りっぽい自分、怒れない自分をどうにかしたい!
と思ったことはありませんか?

アンガーマネジメントを身に付けることで、怒ることと
怒らなくて良いことが線引きできるようになり、無駄に
怒ったり、余計にイライラすることがなくなります。
そして怒っていることを相手に上手く伝えることが
できるようになります。

アンガーマネジメント入門講座では、怒りの仕組みや構造、
対処方法などをお伝えします。
ご家庭でも会社でもグループでも簡単に御活用いただけます。

お申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S63715039/

日本アンガーマネジメント協会HP(講座情報)からも
お申込みできます。

https://www.angermanagement.co.jp/seminar

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧