Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ハラスメント防止研修のご案内

アンガーマネジメント

ハラスメント防止研修のご案内

2019年5月29日、参議院本会議で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を

改正する法律案」が可決され、ハラスメント防止法が成立しました。

施行時期は、早ければ大企業が2020年4月、中小企業が2022年4月と報じられています。

我が国で初めてハラスメントについて規定し、その防止をするための措置を講じる義務を企業に

課したものです。

いま、書籍・マスコミ等で話題のあの、「アンガーマネジメント」を研修に取り入れながら職場

ハラスメントの対策をされてはいかがでしょうか。

目次

ハラスメントとは?

ハラスメントの種類

近年では〇〇ハラスメントという言葉はどこでも聞かれるようになっています。
その種類は、30とも、50とも言われており、ここまでくると何でもハラスメント
と呼ばれてしまうようです。
意味はさておき、以下のような種類があります。
■パワーハラスメント(パワハラ)
■マタニティハラスメント(マタハラ)/パタニティハラスメント(パタハラ)
■モラルハラスメント(モラハラ)
■リストラハラスメント(リスハラ)
■時短ハラスメント(ジタハラ)
■テクノロジーハラスメント/テクニカルハラスメント(テクハラ)
■エアコンハラスメント(エアハラ)
■セカンドハラスメント(セカハラ)
■パーソナルハラスメント(パーハラ)
■セクシャルハラスメント(セクハラ)
■ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)
■テクスチュアルハラスメント(テクハラ)
■エイジハラスメント(エイハラ)
■マリッジハラスメント(マリハラ)
■ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)
■アルコールハラスメント(アルハラ)
などなどあるようです。これは一部です。

ハラスメントがもたらす影響とは?

ハラスメントは加害者にでも被害者にでもなってしまう要素があります。

ハラスメントの被害者は、
   「人権侵害」
   「やる気の低下」
   「自尊心の低下」
   「メンタルヘルスの変調」などがでます。

ハラスメントの加害者は、
   「信用失墜」
   「懲戒処分」
   「損害賠償」
   「刑事責任」などが待ち受けます。

ハラスメントの原因とは?

ハラスメントが起こる原因は、

  ◆ハラスメントに関する知識不足    
  ◆強者としての勘違い
  ◆ゆがんだ被害者意識

などが挙げられますが、重要なのは『コミュニケーション不足』と『自己肯定感の低さ』です。

またこれをもたらす大きな要素は『感情』や『怒り』から来るものとされています。

だからこそ、アンガーマネジメントの研修が勧められています。

どんな研修をしたいですか?

とりあえず研修が出来たらよいという企業様へ

ハラスメント法もできたので、とりあえず形だけでも取り組んでおきたいという場合には、

◆ハラスメントの定義
◆ハラスメント対策
◆アンガーマネジメント講座

をしましょう。90分程度の研修となります。

お任せするよと言っていただける企業様へ

◆ハラスメントとは?        
◆ハラスメントをする人、される人とは?   
◆ハラスメントとなる6つの行為
◆平和な職場は〇〇がない  
◆自己肯定感を高めましょう        
◆ハラスメントをしないためには
◆アンガーマネジメントとは? 
◆怒りの構造について           
◆すぐできる3つの暗号 など

半日(3時間)程度の研修を実施いたします。

問題がすでに起こっていてどんな研修が良いかわからない企業様へ

まずはお気軽にお電話ください。

研修を担当させていただくコンサルタント講師が常駐していますので

どういった研修をしてどんな効果を出したいかなどをお申し付けください。

アレンジしながら研修内容を組み立てさせていただきます。

ご相談はもちろん、無料です。

☎0798-52-0337 
日本アンガーマネジメント協会関西支部(受付:大幸メディカル)

研修後の効果について

ハラスメント研修を受講いただくと以下のような効果が生まれます。

◆人の評価を受け入れる〇〇が芽生えます。     
◆自分に自信を持ちながら〇〇ではなくなります。
◆〇〇な会話をするようになります。          
◆〇〇をするとどんな展開になるか予測できる。
◆〇〇感覚がある人間になります。           
◆イラっとしても自分の〇〇を上手く伝えます。 など

スタッフ全員がハラスメントに関して正しい知識を持った上で、組織の中で円滑なコミュニケーションを取ることができるようになります。それがパワハラ防止策であり、組織の業績アップにつながります。

受講後もハラスメントに関する問題などが発生しましたらご連絡ください。
スタッフ様おひとりずつのコンサルティングをしながら解決をしていきます。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧